お子さんの予防処置

フッ素塗布

 むし歯の予防処置として一番ポピュラーな方法がフッ素塗布です。
フッ素を歯に作用されることにより歯が強くなりむし歯に穴があきにくくなります。
1度やれば永続的にきくものではなく継続的にやることが必要ですが効果は高く医学的に立証されています。
また副作用やアレルギーはほとんどなくとても安全な薬です。
千葉県の学校ではほとんど使われていませんが学校で給食後フッ素洗口を行いむし歯予防の効果をあげているところもあります。
クリニックで専門的なフッ素塗布を、自宅でフッ素入り歯磨きの使用やフッ素洗口をするのが理想的です。

 もちろんむし歯ができやすい方、成人はもちろん高齢者の方にも効果がありますのでむし歯が立て続けにできてしまったなんて方にもお勧めです。



一般歯科

→高濃度フッ素入り歯みがき剤発売されました。

一般歯科

 

→フッ素の効能

→乳歯ははえかわるからむし歯になっていい?

→正しい歯みがき剤の使い方

→乳歯の健康が永久歯を育てます

→乳歯の健康が永久歯を育てます2

→乳歯の健康が永久歯を育てます

→フッ素について知っていますか?

→フッ素は治療にもききます






シーラント

子供さんのむし歯は進行が速いです。
これにはいろいろな要素があるのですが、一つにはえたての歯であるということがあげられます。
ではなぜは出たてだとむし歯になりやすいのでしょうか?
当たり前ですがはえたての歯はまだすり減っていません。
歯は使うことによってすり減りますがはえたての歯はすり減っていないので山と溝の起伏が激しいです。
そのため歯磨きを一生懸命しても歯ブラシが届かず汚れが溝の底の部分に停滞し、その結果むし歯になりやすいことがあります。
そこでこの溝をフッ素をたくさん含んだ樹脂で埋めてしまい汚れが停滞するのを防ぎ、むし歯を予防するのがシーラントです。
とても有効な予防方法です。
今までむし歯ができてしまった、おやつが手放せない、などむし歯のリスクがありそうなお子さんにはおすすめです。

下の写真は第一大臼歯です。
この歯は6歳くらいにはえるのでよく6歳臼歯といわれます。
歯磨きも上手くできないときにはえてくるのでむし歯になってしまうことが多い歯です。
溝の部分にシーラントを施しています。
第一大臼歯はこの溝の部分がむし歯になりやすいです。