歯周病の治療

歯周病の治療

日本人は7~8割が歯周病にかかると言われております。
世界で最も感染者が多い病気が歯周病です。
また成人では一番歯を失うことが多い病気です。

では歯周病とはいったいどのような病気でしょうか?
歯に残った汚れ(食べかすや歯石)についた細菌が歯ぐきを壊していく病気です。
壊すのは歯ぐきの中のあごの骨です。
歯を支えている大事な骨です。
(下の模型の写真)

軽度~中等度ではあまり自覚がありません。
歯ぐきから血が出る、冷たいものがしみる。
痛痒いような感じがする、口がネバネバする、などでしょうか。
あまり歯科医院で診てもらおうとは思わないかもしれません。
重度になってくると噛めない、腫れる、膿が出る、グラグラしている、などの症状が出てきます。

歯周病は進行してしまうとなかなか元の健康のころの歯ぐきには戻りません。
あきらかな自覚症状が出てからでは手遅れのことが多いです。こうなってしまうと治療としては抜歯しかありません。
ですから予防処置をきちんと行い、悪くならないようにすることがとても大切です。

また歯周病は全身にも様々な影響を与えることがわかっています。
全身の健康のためにも歯周病には気をつけましょう。

→歯周病は万病のもと

→歯周病は万病のもと2

→歯周病の程度による以下の医療費の差

→禁煙のすすめ その1

→禁煙のすすめ その2

→歯周病はなぜ怖い?

→歯周病はなぜ怖い?2

→歯周病はなぜ怖い?3

→歯周病はなぜ怖い?4(歯肉炎)

→歯周病はなぜ怖い?5(軽度歯周炎)

→歯周病はなぜ怖い?6 (中等度歯周炎)

→歯周病はなぜ怖い?7(重度歯周炎